Home>ディスクロックの使い方

ディスクロックの使い方

 

ディスクロックは、バイクを盗難から防ぐ、人気かつ必須のアイテムです。

残念なことにバイクの窃盗は毎年増加傾向ということですから、今やディスクロック1つでは完全に盗難を防ぐことも難しいかもしれませんね。

 

ここでは、ディスクロックをより効果的にするための方法を紹介します。

 

ディスクロックは、基本的に、前輪後輪どちらにも使うことができます。

そこを上手に利用し、効果的にディスクロックを用いたテクニックがあります。

バイクの後輪にディスクロックをつける方法です。

 

さらに効果を倍増させるため、ここから加えて工夫を施します。

ディスクロックはバイクの後輪にいつも通りに普通に装着します。

そして、バイクの前輪をタイヤ止めに密着させ、前輪を固定しロックしてしまうのです。

こうすることで前輪はタイヤ止めに、後輪はディスクロックによってロックされた状態となり、バイクを引きずって逃走することが、ほぼ困難な状態になるというものです。

 

防犯効果を高めるために、今では装着さえ複雑なディスクロックも発売されています。

装着が難しいものは簡単に、あるいは直ぐに装着できるよう何度も練習が必要ですし、そうした複雑な装着が面倒だと感じる場合は、長続きせずロックせずにバイクを置いて離れてしまうことも少なくないようです。

 

優れた技術により開発されたディスクロックには、もちろん高い防犯効果がありますが、装着が難しく使うことが面倒になるようでは、ディスクロック本来の意味がなくなってしまいます。

 

ディスクロックを購入する際には、そうした点も確認しつつ、複雑なディスクロックである場合は完璧に簡単に使いこなせるくらいまで練習することが大切です。

レンサバ